NesHealthimage



生体エネルギーから潜在意識まで瞬時にスキャニングするNESヘルス

身体には、細胞内のエネルギーと情報を調整する“ボディーフィールド”と呼ばれる複雑に構造化されたネットワークが存在することが、最先端の科学によって証明されています。NESヘルス社では、このボディーフィールドを30年以上にわたって研究してきた結果、問題の根本的な原因は、生理機能の制御システムであるボディーフィールドの歪みや滞りであることを発見しました。NESヘルス社が開発した“バイオエナジェティックス・ウェルネス・システム”(The BioEnergetiX WellNES System=BWS)は、生体的なエネルギー情報を読み取ります。

NESヘルス社は、オーストラリア人の生物物理学者で中国鍼灸学の研究者でもあった故ピーター・フレーザー(Peter Fraser)と、フレーザーの治療法によって重度の慢性疲労症候群から回復したイギリス人実業家ハリー・マッセイ(Harry Massey)によって設立されました。以来、NESヘルス社は、バイオエナジェティックス(生体エネルギー学)の分野で世界をリードし、新しいソリューションと技術を革新し続けています。

新製品BWSとは

従来のProVisionに代わりBWS(The BioEnergetiX WellNES System)が2021年11月に登場。
BWSの特徴はクラウドベースでインターネットに接続できる環境であれば、インストール不要でパソコンやスマートフォンなどのデバイスからもログインができ、専用アプリでスキャンが可能です。
※ProVisionは販売終了致しました。

NESのバイオエナジェティックス・ウェルネス・システム(BWS)は、3つの簡単なステップでクライアントの身体におけるエネルギーと情報の流れの問題を検出し修正します。

STEP1  Assess 測定

わずか数秒のスキャンでボディーフィールドを測定し、エネルギーと情報の歪みを特定します。声による遠隔スキャンも可能です。

身体が本来持っている自己治癒力を刺激するために、NES miHealthデバイスとNES情報レメディーの推奨プロトコルを提示します。

◆エネルギー分析:生体システムにどの程度の力があるかを確認するとともに、エネルギー経路の滞りを調べます。
◆情報分析:生体制御システムであるボディーフィールドの情報の歪みを特定します。中医学の経絡系統も取り入れられています。
◆栄養分析:ボディーフィールドの視点から、吸収や代謝プロセスにおける課題を浮き彫りにします。
◆環境分析:環境毒素や電磁波に関連したボディーフィールドの歪みを評価し、それらの影響を受けた場合のボディーフィールドの処理能力を検出します。
◆感情分析:核となる感情、信念、人生を創造し実現する能力に関するエネルギーのアンバランスを特定します。また、過去のショックやトラウマに関連したエネルギーの歪みを特定します。

STEP2  Unblock 解放

NES miHealthデバイスを使って、エネルギーのバランスをとり、身体が本来持っている治癒能力を最適化します。

このデバイスは、パルス電磁周波数の技術を用いた、携帯型バイオフィードバック装置です。

◆BWSスキャン・ソフトウェアが、エネルギーの滞っている部分を検出・表示します。
◆クライアントのセッション中に使用して、スキャンで特定されたブロックやトリガーポイントを解放し、ウェルネスプロセスを迅速に開始することができます。
◆ソフトウェアで検出された内容に従って周波数調整を行います。周波数を送るオフボディー・モードでも同様の効果が得られます。

STEP3  Re-Imprint 再構築

NES情報レメディーは、身体のさまざまな器官やシステムをサポートするための特定の生体情報が転写された製品です。

約70種類の中から、BWSスキャン・ソフトウェアが推奨レメディーおよび敵数を提示します。

◆NES情報レメディーは、過去30年以上にわたるNES独自の広範なボディーフィールド・マッピングに基づいており、身体がより最適な青写真に戻るのを助ける修正情報がコード化されています。
◆毎日継続してクライアントが自宅で服用するように設計されており、身体の自己修復システムをオンにするのに役立ちます。

NES Health製品価格について

NES Health製品について詳細な価格についてお求めの方は下記よりダウンロードください。